パラグアイへの日本からの行き方は?治安や観光地も知りたい!

 

パラグアイは、南米の「へそ」と例えらるように、南アメリカ大陸の真ん中あたりに位置する国です。

ブラジル、アルゼンチン、ボリビアに挟まれたような内陸国で、日本から見るとちょうど地球の反対側。

 

日本人に友好的な国で、物価は日本の1/5くらいで治安も近隣国に比べれば良いほうなので、移住するのにも良さそうな国ですが、パラグアイまではどういう経路で行けば良いのでしょうか?

 

日本からの行き方と、治安や観光地について調べてみました。

パラグアイ基本情報

パラグアイの位置は以下の通りです。

 

 

国土面積は日本の約1.1倍、人口は約696万人です。

首都はアスンシオン、言語はスペイン語とグアラーニ語が公用語です。

 

農業国で、大豆、綿花、木材、肉類を主に輸出する、世界有数の輸出国です。

パラグアイへの行き方は?

日本からパラグアイの首都アスンシオンへは、直行便がありません

途中の国で2回乗り継ぎが必要になります。

 

実際に行ったことのある方によると、おススメの行き方はアメリカ経由のルート。

 

成田空港ーダラスーサンパウローアスンシオン

羽田空港ーミネアポリスーサンパウローアスンシオン

 

等です。

 

飛行時間は26時間にも及ぶそうで、さすがは地球の反対側の国ですね。

 

 航空券の買い方

パラグアイへ行く航空券を買う時は、HISやJTB旅行代理店を利用するのがおススメです。

なぜなら、パラグアイへ行くにはルートが複数あり、出発時間等全てのルートを調べて自分に合った便を探すのは大変時間がかかるからです。

 

旅行代理店なら、各空港での乗り換え待ち時間を指定して探してもらえるので、簡単です。

 

パラグアイの治安は?

パラグアイは、自然保護区が点在し、野生動物が多い自然豊かな国です。

治安は南米の中では比較的良いほうだとされていますが、観光の拠点である首都アスンシオンには、外務省から危険レベル1の充分警戒が発令されています。

 

夜間の一人歩きや、昼間でも人気のない裏道などを通ることはやめましょう。

 

また、パラグアイ川沿岸部にあるチャカリータ地区と呼ばれる貧民街は日中でも治安が悪いので、立ち入りは避けた方がよいでしょう。

 

 

パラグアイ中部コンセプシオン県とサン・ペドロ県の県境にまたがる地域は危険レベル2、不要不急の渡航中止の勧告がなされています。

 

ここでは、反政府武装グループによる身代金目的の誘拐がたびたび起こっているため、この地域には立ち入らないようにしましょう。

 

 

パラグアイは南米の中では治安のよい方の国だとされていますが、それでも安心していられるものではありません。

スリや強盗の被害に遭わないためにも、派手な服装や装飾品はさけ、カバンは斜めがけにして前の方で持つなど危機意識を持って行動しましょう。

 

パラグアイの観光地

パラグアイは自然豊かな国です。

ぜひ訪れたい観光スポットも、自然の絶景や遺跡などが多いです。

いくつかご紹介します。

 

政府宮殿

アスンシオン市内を流れるパラグアイ川の港の近くに建つ、白亜の美しい大統領官邸です。

首都アスンシオンを象徴する建物で観光スポットにもなっています。

 

内部見学は出来ませんが、ヨーロッパ風の美しい建築美が夜間はライトアップもされる人気スポットです。

イグアスの滝

ナイアガラの滝、アフリカのヴィクトリアの滝と並び、世界三大瀑布に数えられています。

イグアスは大小275の滝があり、最大落差約80メートル、滝幅は約4キロとスケールが壮大です。

 

イグアスの滝があるイグアスの滝国立公園の広さは東京都とほぼ同じくらいと、これまた広大。
国立公園は世界遺産に登録され、滝だけでなく周りのジャングルでは、動物、植物などアマゾンの豊かな自然を観察することができます。

 

パンタナル湿原

パラグアイ、ボリビア、ブラジルにまたがる世界最大級の湿地帯。

珍しい動植物を多く見ることができます。

 

雨季には80%が水に浸かってしまい道がなくなってしまいますが、パラグアイ川沿いの町、コンセプシオンからクルーズに乗って観光するのも楽しそうです。

 

イタイプダム

ブラジルとの国境に位置する巨大ダムで、現在世界第2位の電力を生み出す水力発電所です。

日本では考えられない壮大なダムの迫力は、イグアスの滝以上!?とも言われています。

まとめ

以上、日本からパラグアイへの行き方についてでした。

パラグアイは自然が豊かで物価も安く、定年後のロングステイにも適した国です。

 

パラグアイに行く際は、治安の悪い地域に立ち入らないようにすることと、アスンシオン市内でも防犯意識を強くもって旅行を楽しんで下さい♪