保育園のおかず代って何?幼保無償化で負担増になった人のからくり

今年10月から始まった幼保無償化ですが、運用開始されてから実際に幼稚園保育園に子供を通わせている世帯からは様々な「こんなはずでは」という声があがっています。

 

同じ園に通っていても、無償化の対象になる人とならない人が居る『園内格差』の問題や、保育料無償化が始まって逆にその他今まで免除されていたものが免除されなくなり、『負担増』となってしまったなどです。

 

負担増になった人は、主に国ではなく地方自治体が独自に行っていた、第二子、第三子の保育料を無償化する制度が廃止されたことが原因となっているよう。

 

その中で注目された『おかず代』とは一体何でしょうか?

保育園のおかず代とは

子供が幼稚園に通っている人は、あまりなじみのない言葉ですよね。

保育園のおかず代とは、いわゆる『給食費』のようなものです。

 

かかる金額は園によって違いがありますが、0~2歳児は保育料に含まれていておかず代はかかりません。

3~5歳児は、主食(白ごはん)持参の園やそうでない園など様々ですが、月3000~5000円くらいのおかず代を徴収している園が多いようです。

 

おかず代は幼保無償化の対象外

さて、10月から始まった幼保無償化では、対象児の保育料が無料になりました。

しかし、無料の対象は通常の保育料(上限有)や一部の預かり保育代で、おかず代は無償化に含まれません。

 

それにより、これまで自治体が独自に無料としていた第二子、第三子のいる家庭では、元々保育料+おかず代全てが無料だったのに、幼保無償化が始まってからおかず代が徴収されるようになり実質負担増となってしまいました。

 

自治体によってはおかず代が無料のところも

しかし、自治体によっては独自の無償化を続けているところもあります。

山口県阿武町などです。

 

引用:阿武市ホームページ

 

阿武市では国による3~5歳児の保育料の無償化とは別に、0~2歳児の保育料と、5歳児までの給食費おかず代も無料にする独自の制度に取り組んでいます。

 

阿武市は国の制度と実際の利用者との間におきるギャップに敏感に気付き、子育て世帯に寄り添った取り組みをしていると言えるのではないでしょうか。

 

幼保無償化とおかず代についてのネット上の反応

 

その他、「家で見ていても食費はかかるのだからおかず代くらい払ってもいいのでは?」「今まで恵まれていただけ。」といった意見も出ていますが、問題はこのことで生まれる『格差』、つまり所得の高い人は負担減となり所得の低い人が実質の負担増となったことなのかも知れません。

まとめ

保育園のおかず代とは、保育園の3~5歳児が徴収される給食費のような位置の費用でした。

10月からの幼保無償化の国の政策の対象は保育料で、おかず代については無償化されず、これまで保育料とおかず代の両方を免除されていた世帯では実質負担増ということになってしまいました。

 

しかし自治体によっては、国の制度に加えて独自におかず代を無償化する取り組みを行っているところもあります。

 

幼保無償化に対しては、様々な意見がありますが、まだ始まったばかりですので今後色々と改変されるかも知れませんね。