doneruとは?炎上の理由は何?スパチャとの違いは?

「Doneru(ドネル)」とは、ライブ配信ツールの拡張プラットフォームです。

開発はDoneru株式会社が行っています。

 

このDoneru(ドネル)ですが、収益化の方法についてツイッターなどで炎上しているようです。

炎上の理由は何なのでしょうか?

 

調べてみました。

Doneru(ドネル)とはどんなサービスなの?

「Doneru(ドネル)」とは、Doneru株式会社が開発するライブ配信ツールの拡張プラットフォームです。

 

Doneruに登録した配信者は、Twitch(ツイッチ)やYouTubeを始めとした動画ライブ配信プラットフォーム上で様々な配信拡張機能を利用することが可能となります。

 

拡張機能は順次増やしていくということですが、現状では配信者に投げ銭を送る機能や、視聴者が飛ばしたコメントを自動で読み上げる機能などがあります。

 

簡単に言うと、Doneru(ドネル)を利用する登録者は通常よりも安い手数料で投げ銭を受け取ることが出来るサービスということです。

 

スパチャ(スーパーチャット)との違いは?

配信者に投げ銭を送れる機能のある配信系のサービスは、ツイキャスのキートス、YouTubeのSuperChat機能、TwitchのCheering機能、OPENRECのエール機能、ふわっちのポイント機能などがあります。

 

それぞれの共通点は、投げ銭を行うと「自分の名前」「チャットメッセージ」「金額」が目立つ位置に表示される為、通常のコメントよりも配信者と視聴者に認知されやすいのが特徴です。

 

Doneru(ドネル)はこの機能に、チャットの読み上げなどの拡張機能を加えたサービスといえそうです。

 

Doneru(ドネル)炎上の理由は?

では、Doneru(ドネル)が炎上している理由は一体どこにあるのでしょうか?

 

これは、Doneru(ドネル)の収益化が各動画配信サービスを介していないのでは?と推測されるところにあります。

 

例えばYOUTUBEであれば、スパチャを送ると配信者側の取り分は7割、3割はYOUTUBEのへの手数料となります。

 

つまり、視聴者がスパチャを送り配信者に寄付をすることは、YOUTUBE側にもメリットがあるのです。

 

しかしDoneru(ドネル)を利用してドネーションを送れることによってスパチャの利用が減ると、YOUTUBEは自身の収益が下がることになります。

 

これがYOUTUBEの規約に違反することになり、Doneru(ドネル)を使った配信者のアカウントが削除される等の最悪の結末になってしまうのではないかと、視聴者の間で不安が募っているようです。

 

Doneru(ドネル)は決済方法にもよりますが、配信者への分配が80~90%になるので、配信者側からすれば収益が増えるメリットがありますし、視聴者側も配信者をより応援出来ると感じますし、拡張機能もありますので使い方によっては双方楽しみ方が広がるとは思います。

 

ですが、そのライブ配信のプラットフォーム自体が収益化を阻害されてしまうのは問題視されるでしょう。

 

Doneru(ドネル)と配信サービス会社の間に、手数料などの取り決めがなされていれば良いのですが…

 

Doneru(ドネル)の規約では

Doneru(ドネル)の規約には利用者と動画配信プラットフォームとの間に起きた問題に関して、一切責任を負わないとの記載があります。

 

つまり、利用は配信者の責任で。

配信サービスとのトラブルは配信者が負うということになります。

 

それにより、応援している配信者が垢バン(アカウント削除)されてしまうんじゃないか…と、心配の声が上がっています。

今後はYOUTUBE等配信サービス側の対応次第

Doneru(ドネル)はまだ公開されてから間もなく、利用者も少ない状況です。

今後の動向はYOUTUBEの裁量如何に託されているなと感じます。

 

今後の情報に注目です。