台風19号の被害でキャベツが既に値上がり!野菜だけじゃない、海産物も影響か

 

台風19号による被害で農作物の価格が高騰することが予想されています。

キャベツや一部の野菜は既に値上がりしているものも。

野菜の価格高騰についてと、世間の反応についてまとめました。

台風19号被害でキャベツが値上がり

東日本に記録的な大雨をもたらした台風19号による影響で、沢山の農家が畑やビニールハウスが浸水するなどの被害受けています。

 

キャベツなど一部の野菜は、供給不足が見込んで既に値上がりしている他、今後その他の野菜も1,2週間以内に値上がりする見込みであることがわかりました。

 

キャベツの値上がりは約14%

15日の東京都中央卸売市場の価格は、台風が上陸した12日に比べ、キャベツが約14%高い91円、レタスが約8%上昇の128円(どちらも1キロ単位)となっています。

 

野菜の供給不足をを見込んで先行で値上がりした価格ですので、今後被害の実態が明らかになるにつれ、今以上に価格が高騰する可能性も考えられます…

 

お茶の間にとっては大打撃ですね。

野菜だけじゃない、海にも影響が

台風19号がもたらした被害は、農作物に限りません。

 

記録的大雨で、東北から東海地方の広い範囲で大量の土砂が海に流出し河口付近から10~20キロ先まで海が土砂で黄土色に染まっています。

 

このことは漁業にも影響が出ると思われ、鮮魚の価格も高騰の可能性があります。

 野菜高騰嘆くより、被災地のこと

ネットでは野菜高騰について嘆きの声をあげる主婦層に加え、「そんなことより被災者の気持ちを考えて」という声も上がっています。

 

 

前向きな意見も

 

なるほど、被災地でとれた野菜を買うことで復興支援になるんですね。メモメモ…

 


形が悪くて売り物には出来ないけど、っていう野菜を安く販売しているのは見かけますね。

今回の台風被害でも、そのような野菜があれば私は買いますが、流通するかどうかは微妙なところですね。

 

台風被害で高騰した野菜を買おう!

台風19号で農家が被災し野菜の高騰が予想されていることについてお伝えしました。

10月に入っても暑い日が続いていましたが、ここ数日冷え込んできて鍋の恋しい季節がやってきましたね。

 

野菜の高騰は家計を預かる主婦にとっては痛い話題ですが、高騰した野菜を買うことで被災地の支援に繋がりますので、出来れば積極的に買いましょう!