赤ちゃんにケーキは何歳から与えていいの?クリスマスや誕生日、先輩ママの工夫

 

1歳を過ぎ離乳食が完了する頃になると、赤ちゃんも大人と同じ食事をとれることも多くなってきます。

そんな時気になるのが、「甘い物」の与え方です。

 

特に1歳の誕生日や、クリスマスなどのイベント事、また実家やお友達のお家へお邪魔した時などに善意で勧められたケーキなど、「もう与えていいのかな?」と迷う場面も多くなります。

 

赤ちゃんにケーキは何歳から与えてもいいのか、また与える際の注意点や与え方の工夫についてお伝えします。

赤ちゃんにケーキを与えていいのは何歳から?

1歳を過ぎた赤ちゃんは離乳が進み、たいていの食材を食べられるようになっていることが多いです。

とはいえまだ消化能力が低い赤ちゃんに、脂肪分の多い生クリームやチョコレートを使ったケーキを与えるのは、大丈夫なのか心配ですよね。

 

1歳を過ぎれば、生クリームは少量ならOK!

生クリームは牛乳の脂肪分です。

基本的に、離乳食が問題なく進み1歳を過ぎた赤ちゃんであれば、少量の生クリームは摂取OK!

 

ただし、油分は1日の食事全体を通して「大匙1」程度にとどめるのが目安です。

チョコレートも同様に油分として数えます。

 

実際には、ケーキ以外の食事にも油分が含まれますので赤ちゃんにケーキを与える際、生クリームやチョコレートが使われているものは少量にとどめておくのが無難です。

 

ただ、毎日きっちり大匙1!と数えているお家はあまりないと思います。

実際には、お誕生日やクリスマス等たまのイベント時に目安を超えてしまうのは、大目に見ても大丈夫です。

 

前後の日の食事で調節しましょう。

 

生クリームは動物性が望ましい

生クリームには動物性と植物性がありますが、赤ちゃんに与えるには動物性を選ぶのが望ましいです。

植物性の生クリームは油を加工したもので、添加物も入っているので赤ちゃんに与えるのは心配です(>_<)

 

 

以上をふまえると、市販のケーキは1歳の赤ちゃんにはまだ早いと言えそうです。

 

市販のケーキに使われている生クリームは植物性のものが多いです。市販のケーキは、更に離乳が進み食材も調理方法もほぼ大人と同じ料理が食べられるようになる、2歳くらいからにすると良いでしょう。

 

以降、市販のケーキをどうしても与えたい時の工夫と、赤ちゃんに与える手作りケーキのおススメレシピについてお伝えします。

市販のケーキを与えたい時の工夫

いくら我が家で赤ちゃんへケーキを与えることを制限していても、突然ケーキを食べる機会に遭遇することもあります。

 

例えば実家や義実家、お友達の家にお邪魔した時に出されたり、家に招いたお客さんが「赤ちゃんもどうぞ」と手土産にスイーツを持参されるなどですね。

 

自分の実家であれば「まだ与えてないから」と言いやすいですが、義実家や微妙な関係のお客人である場合、善意で出してもらったものを拒否するのも忍びないです。

 

そんな時は、ママのお皿からとりわけるのがおススメ。

 

「わあ!ケーキありがとうございます!」

「美味しそうだね~♪」

 

など、赤ちゃん込みで盛り上がったうえで(笑)、

 

「でもまだたくさん食べるとお腹壊しちゃうので、私のお皿から取り分けますね」

 

と伝えれば良いと思います。

 

与える際は生クリームはなるべく避け、スポンジやフルーツの部分を中心に与えると良いです。

含まれる油分や糖分を考えると、1歳の赤ちゃんなら1ピースの1/4~1/3くらいを限度にしましょう。

 

ケーキは特別な日だけ

 

また、特におじいちゃんおばあちゃんは赤ちゃんが一度甘いものを食べるところを見るともっともっと与えたくなってしまうと思うので、

 

「今日は特別だね!」

 

など、普段はあげていないことをさりげなく強調するといいと思います(笑)

お誕生日やクリスマスなどのイベント時でなくても、しょっちゅう行き来するわけでなければ、じいじばあばに孫を可愛がる機会を奪うのも申し訳ないですよね。

 

普段から油分糖分を取り過ぎていなければ、「今日はばあばが居るから特別」というのはありだと思います。

 

こちらから赤ちゃんの好物をリクエストしちゃうのもアリ

もし赤ちゃんに甘いものを与えられることが続いてしまいそうであれば、ケーキよりも赤ちゃんにふさわしいスイーツに誘導するのも有効です。

 

「ゼリーが好物なんです」

「フルーツ(いちご、とかバナナ、とか具体的に)に目がなくて」などとリクエストしておくと、ケーキなどの油分糖分が多いお菓子よりも、安心ですね。

 

1歳の赤ちゃんでも食べられるケーキのレシピ

1歳の赤ちゃんでも安心して食べられる、手作りケーキのレシピをご紹介します。

 

型抜き食パンケーキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

. birthday cake ♡ ケーキというより食パンサンドよね… ⍢ パンケーキ焼こうかレンチンで作れるやつ試してみようかとか色々考えましたが、 欲しかったミッフィー型を貰ったので早速活用してシンプルに!手抜き♡ 中は苺とバナナと初のベビーダノン(いちご味)を挟みました🍓 挟んだだけ笑 型なかったらコップの丸型使ったり、サンドイッチ用の四角のまま何枚か重ねて上とまわりにクリームかヨーグルト塗って苺飾るのも見た目大人っぽくて良さそう! . ぺろりと上をめくり、むしゃむしゃして完食してくれました♡(動画)さるみたい🐵 . #2月17日生まれ #2月生まれ #1stbirthday #1歳誕生日 #バースデー離乳食 #離乳食ケーキ #スマッシュケーキ #smashcake #ミッフィー #ミッフィーのカフェレシピbook #食パンサンド #バースデーケーキ離乳食 #1歳誕生日ケーキ #ママリ #ママリ離乳食 #ベビカレ離乳食 #ベビカレ #ベビ誕 #fuu_イベントごはん

ふうか離乳食記録さん(@fu_mog)がシェアした投稿 –

 

食パンを型抜きし、間にベビーダノン(ヨーグルト)やフルーツを挟んだケーキ。

適当な型がなければ、コップを使って丸い型抜きをするのも良いですね!

 

ヨーグルトは水切りすると使いやすいです。

 

水切りヨーグルトの作り方

ざるにキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトを入れる。

ざるごとボウルに入れて放置。(ざるよりも少し小さいボウルに入れると、ざるとボウルの間に適度な隙間が出来て水切りしやすい)

 

ひと晩置くと完全に水切り出来ます。

お好みで、時間を調節してください。

 

スティックビスケットを使ってシャルロットケーキ風

赤ちゃん用スティックビスケットでシャルロットケーキ風。

中は食パンや水切りヨーグルト、フルーツ等1歳の子が食べられるものだけを使って作ることが出来ます。

 

ホットケーキと水切りヨーグルトで

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍰 今更ですが記録用に… . . 誕生日ケーキはパンケーキ🥞 . お昼は娘が好きなものでプレートランチ🍙 でもまだ素材のまま食べてるので 野菜とおにぎりを乗せただけ…😅笑 . もっとお子様プレートみたいにしたかったけど まだ味付けとか色々混ぜたりとかほとんどして ないから仕方ない😂 . . じじばばに見守られながらしっかり完食してくれました♪ (パンケーキは全部はあげてません) . . #水切りヨーグルトもっとたっぷりにすればよかった #ファーストバースデー #ファーストバースデーケーキ #スマッシュケーキ #スマッシュケーキ手作り #ファーストバースデープレート #1歳誕生日 #1歳誕生日ごはん #1歳誕生日ケーキ

putamaさん(@pu_____8)がシェアした投稿 –

ホットケーキ(パンケーキ)と水切りヨーグルト、フルーツでデコレーション。

ホットケーキは赤ちゃん用のミックスを使ってもいいですし、簡単に手作りも出来ます。

 

材料

  • 卵1個
  • 薄力粉100g
  • ベーキングパウダー小匙1
  • 牛乳80㏄

 

材料をボールに入れて泡だて器でかき混ぜ、フライパンで焼けば無添加で安心のパンケーキの出来上がりです。

市販のキットも

 

ピジョンから、レンジで作れるケーキのキットが出ています。

 

 

まとめ

赤ちゃんにケーキを与えるのは少量なら1歳から可能ですが、生クリームやチョコレートなど油分や糖分の多い部分をさけ、スポンジやフルーツを中心に与えるのが無難です。

 

また、市販のケーキは2歳からを目安に、手作りのケーキも利用しつつ特別な日のおやつという位置づけで与えるのがよいでしょう。

 

どうしても与える必要がある場面では、油分や糖分の少ないスポンジ部分をママから取り分けるのがおススメです。

 

赤ちゃんの胃腸やアレルギーなどの体調面、虫歯などに気を付けながら上手に甘いものと付き合っていきましょう!